金相場(プラチナ)推移:2012年1月

金相場(プラチナ)国内推移:2012年1月

日付/品位 金相場 プラチナ
2012/1/5 ¥4,110 ¥3,640
2012/1/6 ¥4,149 ¥3,641
2012/1/10 ¥4,128 ¥3,649
2012/1/11 ¥4,181 ¥3,762
2012/1/12 ¥4,206 ¥3,850
2012/1/13 ¥4,211 ¥3,819
2012/1/16 ¥4,176 ¥3,785
2012/1/17 ¥4,208 ¥3,853
2012/1/18 ¥4,223 ¥3,881
2012/1/19 ¥4,235 ¥3,899
2012/1/20 ¥4,247 ¥3,908
2012/1/23 ¥4,262 ¥3,920
2012/1/24 ¥4,300 ¥4,006
2012/1/25 ¥4,313 ¥4,009
2012/1/26 ¥4,433 ¥4,116
2012/1/27 ¥4,437 ¥4,145
2012/1/30 ¥4,435 ¥4,144
2012/1/31 ¥4,402 ¥4,122

金相場(プラチナ)NY推移:2012年1月

日付/品位 金相場 プラチナ
2012/1/5 $1,612.70 $1,423.10
2012/1/6 $1,619.40 $1,418.00
2012/1/10 $1,608.10 $1,429.60
2012/1/11 $1,631.50 $1,462.40
2012/1/12 $1,639.60 $1,497.70
2012/1/13 $1,647.70 $1,500.10
2012/1/16 $1,630.80 $1,488.80
2012/1/17 $1,630.40 $1,486.80
2012/1/18 $1,655.60 $1,528.70
2012/1/19 $1,659.90 $1,525.30
2012/1/20 $1,654.50 $1,518.00
2012/1/23 $1,664.00 $1,532.30
2012/1/24 $1,678.30 $1,561.10
2012/1/25 $1,664.50 $1,552.40
2012/1/26 $1,699.80 $1,579.60
2012/1/27 $1,726.70 $1,616.80
2012/1/30 $1,726.70 $1,616.80
2012/1/31 $1,731.00 $1,616.30

金相場国内推移:2012年1月

金相場国内推移:2012年1月

プラチナ相場国内推移:2012年1月

プラチナ相場国内推移:2012年1月

金相場NY推移:2012年1月

金相場NY推移:2012年1月

プラチナ相場NY推移:2012年1月

プラチナ相場NY推移:2012年1月

2012年1月|金相場市況ニュース

1/31
NY貴金属=金相場上昇。プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1731.0
プラチナ 1616.3
NYドル/円 76.34
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の上げ一服などを受けて上げ幅を縮小する。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の下落や、株安などを受けて地合いを緩め、マイナスサイドに転じる。【金はギリシャの債務削減交渉が難航しており、これを受けて欧州圏の債務問題に対する懸念が高まったことから、外為市場でユーロ安・ドル高が進行。これを受けて金は軟調に推移する。また前週末までの上昇に対する利益確定の売りに押され、一時1トロイオンス=1710ドル台半ばまで水準を切り下げる。その後はユーロ安が幾分戻したことで買い戻しが入り下げ幅を縮小する。】

1/30
NY貴金属=金・プラチナ変動なし。
終値($/OZ)
金 1726.7
プラチナ 1616.8
NYドル/円 76.76
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は株高一服や円高などに上値を抑えられてマイナスサイドに転じる。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は株安や円高などに上値を抑えられて上げ幅を縮小する。【金は引き続き米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された低金利政策の長期化見通しを囃して、投機筋らによる買いが先行する。また昨年第4四半期の米実質国内総生産(GDP)の伸び悩みなどを背景に、外為市場でユーロが対ドルで上昇。これを受けて金に買いが集まる。しかし、ポジション調整の売りに上げ幅を縮小し、小幅高で引けた。】

1/27
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1726.7
プラチナ 1616.8
NYドル/円 77.35
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は利食い売りなどに上値を抑えられたが、ドル建て現物相場の底堅さを受けてもみ合いとなる。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まったが、利食い売りなどが出て上げ一服となる。その後は押し目を買われて値を戻したが、株安などを受けて地合いを緩める。【金は米連邦公開市場委員会(FOMC)で、米国の超低金利政策が更に長期化するとの見通しが示されたことでファンド筋らの買いが膨らみ、地合いを引き締める展開となる。また追加量的緩和実施への期待感の高まりを背景に、外為市場でドルが対ユーロで上昇したことや、原油など国際商品価格の高騰にインフレヘッジとしての金の魅力が高まる。】

1/26
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1699.8
プラチナ 1579.6
NYドル/円 77.75
金相場は円安を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場がもみ合うなか、円安を受けて堅調となる。プラチナは円安を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の下落を受けてまちまちとなる場面も見られたが、円安などに支援されて地合いを引き締める。【金はNY原油先物相場の下落や、外為市場でのドル高ユーロ安を眺めた売りに押されて軟調に推移する。中国の旧正月や、インドの金塊輸入税の引き上げに伴い、実需筋の買いが手控えられたことも弱材料視される。しかし、その後は米連邦公開市場委員会(FOMC)で、事実上のゼロ金利を少なくとも2014年まで続けるとの見通しが示されたことでプラスサイドへ浮上。また外為市場でユーロが対ドルで反発したことも大幅上昇につながり、約1ヶ月半ぶりに1700ドルの大台を回復する。】

1/25
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1664.5
プラチナ 1552.4
NYドル/円 77.71
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はユーロ高一服などを背景に利食い売りが出て上げ一服となる。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はユーロ高一服に上値を抑えられて上げ幅を縮小する。【金はNY原油先物相場の下落や、ギリシャの債務削減を巡る政府と民間債権者の交渉が難航する中、欧州の債務危機に対する拡大懸念を背景に投資資金を引き上げる動きが広がり、地合いを緩める展開に。市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)での金融政策への言及に注目が集まっている」との声が聞かれ、様子見気分が強まる。】

1/24
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1678.3
プラチナ 1561.1
NYドル/円 76.98
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調などを受けて上値を伸ばす。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はユーロ安に上値を抑えられる場面も見られたが、株価の底堅さや金堅調などを受けて上値を伸ばす。終盤にかけては利食い売りなどが出て上げ一服となった。【金は外為市場でのユーロ高・ドル安を眺めての買いや、NY原油の急伸など、国際商品価格の高騰にインフレヘッジとして魅力が高まったことも買い材料となる。世界的な産金業界団体であるワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)は23日に報告書を公表し、中央銀行による金購入について「2011年の中銀の買い越し額は過去最高となる見通しで、購入は概ね第3、第4四半期に集中した」との見方を示した。】

1/23
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1664.0
プラチナ 1532.3
NYドル/円 76.97
金相場はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後は株高や円安を受けてプラスサイドに転じる。プラチナはニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後は株高などが下支え要因となったが、戻りは売られて軟調に推移する。【金は外為市場でドルが対ユーロで上昇した事を眺めた売りが膨らみ続落。その後はギリシャ政府と民間債権者による債務減免交渉が近く暫定合意に達する可能性があるとの見方が強まり、市場参加者のリスク投資意欲が高まったことで、一転して買われ上昇して引けた。】

1/20
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1654.5
プラチナ 1518.0
NYドル/円 77.11
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調を受けてしっかり。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は株高などを受けて堅調に推移する。【フランスとスペインの国債入札が好調な内容となったことに加え、国債通貨基金(IMF)が前日の非公式会合で、ギリシャ追加支援に関する協議開始に同意したことが伝わったことから、外為市場でユーロが対ドルで上昇。これを受けて金は買われ、昨年12月3日以来の高値を付ける。その後は最近の上昇に対するテクニカル売りや、本日発表された米消費者物価指数が事前予想を下回り、インフレ懸念が後退したことで、インフレヘッジとしての魅力が薄れて小幅下落して引けた。】

1/19
NY貴金属=金相場上昇。プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1659.9
プラチナ 1525.3
NYドル/円 76.72
金相場はドル建て現物相場の上げ一服を受けて売り優勢で始まる。その後は手じまい売りなどで下げ幅を拡大したが、売り一巡後はユーロ高が下支えとなって値を戻す。プラチナは金下落などを受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の軟調を受けて下げ幅を拡大したが、ユーロ高などに支援されて値を戻す。【金は前日の買われ過ぎによるポジション調整売りや、欧州債務問題の先行き不透明感が根強いことから、投資家の売りに押されて軟調に推移する。しかし、その後は欧州債務問題の対応策として、国際通貨基金(IMF)が資金増強を目指す方針を示したことを背景に、外為市場でユーロがドルに対して上昇。これを受けて金は買われる。欧米株価の上昇も支援材料となった。】

1/18
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1655.6
プラチナ 1528.7
NYドル/円 76.74
金相場はドル建て現物相場の堅調を受けて買い優勢で始まる。その後はユーロ高や株高などを受けて上げ幅を拡大する。プラチナはユーロ高や株高などを受けて買い優勢で始まる。その後は中国の予想以上の経済指標なども支援要因となって堅調に推移する。【金は中国の国内総生産(GDP)が市場予想を上回ったことに加え、ドイツの欧州経済調査研究所(ZEW)がまとめた1月の景気期待指数が、マイナス圏ながら2ヶ月連続で上昇したことでリスク選好志向が高まり、昨年12月13日以来の高値を付ける。しかし、欧州債務問題の先行き不透明感を背景に、ユーロの上値が限定的になったことで、終盤は上値重い展開となった。】

1/17
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1630.4
プラチナ 1486.8
NYドル/円 76.87
金相場はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後は円小幅高となったが、ドル建て現物相場の下げ一服などを受けて底堅く推移する。プラチナは株安やリスク回避の動きを受けて売り優勢で始まる。売り一巡後は金の底堅い値動きなどを受けてプラスサイドに転じる。【週明けのNY市場(貴金属・為替・株式市場)は、キング牧師誕生日のため休場でした。】

1/16
NY貴金属=金相場、プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1630.8
プラチナ 1488.8
NYドル/円 76.86
金相場はドル建て現物相場の上げ一服などを受けて小動きで始まる。その後はドル建て現物相場の下落を受けて軟調となったが、ユーロ高が下支え要因になる。プラチナはドル建て現物相場の上げ一服を受けて売り優勢で始まる。その後は金下落につれ安となって下げ幅を拡大したが、ユーロ高が下支え要因になる。【格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が、フランスを含むユーロ圏の複数の国の格付けを引き下げると報じられた事で、外為市場でドルが対ユーロで上昇したことを受けて、ファンド筋の売り物が優勢となる。一時1トロイオンス=1620ドル台まで値を崩す。ユーロ圏債務懸念の再燃により、投資家がリスク回避姿勢を取った為、換金売りが膨らみ下落して引けた。】

1/13
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1647.7
プラチナ 1500.1
NYドル/円 76.76
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場のもみ合いなどを受けて小動きとなる。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は株安に上値を抑えられる場面も見られたが、ドル建て現物相場の上昇などを受けて堅調となる。【外為市場でドル高・ユーロ安が一服したことや、注目されていたスペイン国債やイタリア国債の入札が順調に終了した事で、投資家心理が改善し、ファンド筋の買い物が先行する展開となる。一時1トロイオンス=1660ドル台まで上昇し、約1ヶ月ぶりの高値圏に浮上する。また、インドや中国の実需の伸びを期待する向きにも支援される。】

1/12
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1639.6
プラチナ 1497.7
NYドル/円 76.87
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は株価の上値の重さやユーロ安などを受けてもみ合いとなったが、ドル建て現物相場の堅調に支援されて上げ幅を拡大する。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の上昇などを受けて上げ幅を拡大する。【金は中国の旺盛な現物需要を背景に、ファンド筋の買い物が先行する展開に。一時1トロイオンス=1650ドル近くまで上がる。イランと西側諸国の対立が深刻化する中、イランの核科学者を狙った爆弾テロが発生し、事態の更なる悪化が懸念された事も金上昇の材料に。しかし、ユーロの債務危機の再燃を受けて、為替相場でユーロ安・ドル高が進んでいる事が圧迫要因となり、次第に上げ幅を削る展開が続いて小幅高で引けた。】

1/11
NY貴金属=金相場、プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1631.5
プラチナ 1462.4
NYドル/円 76.90
金相場はニューヨーク安と円高を受けて売り優勢で始まる。その後はもみ合いとなったが、ドル建て現物相場の堅調を受けて下げ幅を縮小する。プラチナは株高などを受けて小幅高で始まる。その後はドル建て現物相場の上げ一服などに上値を抑えられてまちまちとなる。【金は外為市場でのドル高・ユーロ安を眺めての買いや、イランと西側諸国の対立が続き、中東地域の地政学的リスクが高まっている事を背景に、原油先物相場の上昇を受けた買いで大幅上昇。一時1トロイオンス=1640ドル台まで上がる。テクニカル面からの買い物も相場の押し上げ要因となる。しかし、その後は急激な上昇に対する警戒感から、上げ幅を削る展開となる。】

1/10
NY貴金属=金相場下落。プラチナ相場上昇。
終値($/OZ)
金 1608.1
プラチナ 1429.6
NYドル/円 76.87
金相場はニューヨーク高や円安を受けて買い優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の堅調などを受けて上値を伸ばす。プラチナはニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の軟調や株安を受けて下げ幅を拡大したが、金堅調が下支えとなる。【外為市場で前週までのドル高・ユーロ安が一服した事で、買い戻しが先行する展開に。一時1トロイオンス=1620ドル台まで値位置を切り上げる。しかし、9日に行われたドイツのメルケル首相とフランスのサルコジ大統領の首脳会談で、ユーロ危機の解決に向けた新たな具体策が打ち出されなかった為、投資マインドが再び冷え込む格好となり、マイナスサイドに転じて小幅下落して引けた。】

1/6
NY貴金属=金相場上昇。プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1619.4
プラチナ 1418.0
NYドル/円 77.17
金相場はニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後はもみ合いとなったが、ドル建て現物相場の上昇を受けて上値を伸ばす。プラチナはニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後はドル建て現物相場の上値の重さや株安を受けて小幅安となったが、金堅調を受けて小幅高となる。【金はイタリア金融大手の資本増強が難航すると伝えられた事から、欧州債務問題に対する懸念が強まり、これを背景にドル高・ユーロ安の進展を眺めての売りや、投資意欲の後退などを受けて軟調に推移する。一時1600ドルを割り込む形となったが、値頃感による買いで小幅上昇して引けた。】

1/5
NY貴金属=金相場上昇。プラチナ相場下落。
終値($/OZ)
金 1612.7
プラチナ 1423.1
NYドル/円 76.66
金相場はニューヨーク安を受けて売り優勢で始まる。その後は株価の上値の重さや円小幅高などを背景に下げ幅を拡大する。プラチナはニューヨーク高を受けて買い優勢で始まる。その後は金下落や株価の上値の重さなどを受けて地合いを緩め、マイナスサイドに転じる場面も見られる。【外為市場でドル高・ユーロ安に振れた事による売りや、欧州債務危機に対する懸念から来る投資意欲の後退を受けて、売りが先行する展開となる。しかし、その後はEUがイラン産原油の禁輸で基本合意したと報じられた事で、イランと西側諸国の緊張感が高まるとの見方が強まり、これが強材料になるとして金は買われ、プラスサイドに転じて上昇して引けた。】

ページの先頭へ