刻印について

刻印の種類

刻印について

 金などの貴金属の品位はJIS(日本工業規格)やISO(国際標準規格)により千分率で表すことになっています。ですが、金については24分率いわゆるカラットで表す習慣が残っています。これは金特有の表示方法です。また日本では999.9%以上なければ、K24(1000/1000)の表示は出来ません。

 24分率で品位を表すと、K24(99.9%)、K22(91.7%)、K21.6(90.0%)、K20(83.5%)、K18(75.0%)、K14(58.5%)、K12(50.0%)、K10(41.7%)、K9(37.5%)となります。

 千分率で品位を表すと、1000/1000(99.9%)、917/1000(91.7%)、900/1000(90.0%)、835/1000(83.5%)、750/1000(75.0%)、585/1000(50.0%)、500/1000(50.0%)、417/1000(41.7%)、375/1000(37.5%)となります。

 ※()内の数値は金の含有率になります。

 貴金属製品の製造業者・販売業者からの依頼に応じて、品位試験に合格したものに打刻される刻印を通称「ホール・マーク」といいます。このホールマークが品位の証明記号となり、一番信頼できるマークと言っていいでしょう。ホールマークの刻印が無いからといって、その品位以下いう訳ではありませんのでご安心下さい。製品のなかには打刻されていない物もあります。

 ホールマークは各国の制度により異なります。たとえばイギリスでは、製品に製造番号・品位・検定地・製造年号などが刻印されます。フランスでは鷲(ゴールド)・犬(白金)・女神ミネルヴァ(銀)をモチーフにしたマークが刻印されます。

[スポンサーリンク]

大蔵省造幣局の刻印について

 造幣局の品位証明は、下記の記号で表示されています。指輪やネックレスなど貴金属で作られた製品は、装飾品としての価値もさることながら、製品の材料として用いられる貴金属の価値にも大きな意味を持っています。

 貴金属の純度(品位)は目で見て簡単に判別できるものではありません。造幣局はこれら貴金属製品の製造、又は販売業者からの依頼があった場合、及び造幣局自らの製品に対してその貴金属の品位試験を行い、合格したものに品位証明記号を刻印し、製品の品位証明を行っています。以上のことから造幣局のマークが押されていれば、非常に安心できることが分かります。

大蔵省造幣局の刻印表

シナ金と呼ばれる中国製品について

シナ金のリング

 中国などで販売されている金製品はシナ金と呼ばれています。本物の純金と色味を比べると、かなり黄色が強いので違和感があります。

 これらシナ金と呼ばれる製品は965と刻印されている物が多い。販売時の品位は純金扱いのようですが、実際には不純物が多く含まれているのでK22~K23ほどの純度しかなく、買取でもK22~K23扱いです。お店によってはそれ以下の品位になる場合もあるので、納得ができない時は分析装置などの設備が充実している大手貴金属買取店に相談してみましょう。

 中国以外でも海外製品は販売時の品位より低くなるケースがありますので、購入の際は十分に注意が必要です。

金の刻印について

千分率 含有率
K24 1000/1000 100%
K22 917/1000 91.7%
K21.6 900/1000 90%
K20 835/1000 83.5%
K18 750/1000 75%
K14 585/1000 58.5%
K12 500/1000 50%
K10 417/1000 41.7%
K9 375/1000 37.5%

白金の刻印について

白金 千分率 含有率
Pt1000 1000/1000 100%
Pt950 950/1000 95%
Pt900 900/1000 90%
Pt850 835/1000 83.5%
Pm 700~900/1000 70~90%

銀の刻印について

千分率 含有率
SV1000 1000/1000 100%
SV950 950/1000 95%
SV925 925/1000 92.5%
SV900 900/1000 90%
SV800 800/1000 80%

海外製品の刻印

海外製品 説明
KP Kはカラット、Pは「完全、ピッタリ」という意味。
KT カラットという意味です。18KT、14KTなど。

メッキの刻印

メッキ 説明
GP GOLD PLATED
金メッキ
GEP GOLD ELECTRO PLATED
電気メッキ
GF GOLD FILLED
金張り
GR GOLD ROLLED
金張り
HGE HARD GOLD ELECTROPLATED
金メッキ
RGP ROLLED GOLD PLATE
金張り

[スポンサーリンク]

ページの先頭へ